恋愛相談

2015-01-29

恋愛の最中には、簡単に言うと“幸せ”を創造するホルモンが脳内に放出されていて、
わずかに「高揚した」コンディションだということはあまり知られていません。


同性で集まっていると、出会いはみるみる去ってしまいます。
恋バナできる人といるのは楽しいですが、
会社からの帰りや土日などは意識的に誰も呼ばずに楽しむと良いですね。


「テリトリーシェア」という名の恋愛テクニックは、
対象の人の家の近所にお題が変わったときに「偶然!私が一番食べたいグリルのあるところだ!」と目を丸くするという技術。


実際問題、恋愛には成功する確実な方法が見つかっています。
同性でないと話せないという人でも、
ちゃんとした恋愛テクニックを勉強すれば、
出会いを多くし、自ずとスムーズにことが運ぶようになります。


若い男の子が女の子に恋愛相談を要請する場合は、
最も思いを寄せているまでは行かないにしても、
男の想いとしては一位の次に意識している人というクラスだと感じていることが多数派です。


交際中の女の子や恋愛中の男性、
ご主人のいる人や同棲を解消した直後の人が恋愛相談を申請する状況だと、
提案した人に思いを寄せている可能性が相当あります。

毎日

2015-01-28

異性にてらいのない己のことを話すと、
取引先から、たまたま入ってみたこじんまりしたバー、
高熱で向かった医院の待合室まで、
意外なところで出会い、恋人関係に進展しています。


人目を引く色気を表出させるためには、
個々の男らしさを認識して鍛えあげる必要があります。
この思いこそが恋愛テクニックを操作する要点なのです。


自分のパッと見が気に入らない人や、
恋愛したことがない男の子など、
シャイな方でも、この恋愛テクニックを実行すれば、
好意を抱いている女性のカレシになれます。


こと恋愛相談においては、相談し始めた側は相談を申し込む前に解答を求め終わっていて、
実は実行が後手に回っていて、自分自身の不安心を軽減したくて相談していると思われます。


恋愛相談の受け答えは百人百様気楽にすればよいと感じますが、
時折、自分が惚れている男の人から遊び仲間の女子と交際したいとの恋愛相談を提言される可能性も否定できません。


婚活サイトは一般的に、女性限定で無料です。
しかし、珍しくも女性だけが会費を支払う婚活サイトも実在しており、
一途な真剣な出会いを期待する人で盛況を見せています。


必然的に真剣な出会いが期待できる婚活サイトでは、
大抵の場合本人を特定するための書類は必要不可欠です。
本人確認が無用、もしくは審査規定が緩いサイトは、
大体が出会い系サイトと捉えてOKです。

恋愛相談

2015-01-27

お見合いを見越している日本人女性を例に挙げると、
勝ち目の少なそうな合コンから有料のお見合いパーティーまで「出会いのワンダーランド」に活動的に行っているのです。


いつもの風景の中でつながりを持った人がまるっきりタイプではない男性/女性や1ミリも恋愛対象として見れない年代、
更には男性同士であっても、そういった出会いをキープすることを意識してみてください。


ユニークな心理学として女子に支持されている「ビジョン心理学」。
“恋愛干物女子一新”を祈る全世界の女性にちょうどいい実戦的・治癒的な心理学ということになります。


「何故だろう、僕に恋愛相談を持ってくる」という出来事だけに縛られるのではなく、
情況を徹底的に調べることが、その女の子とのコネクションを絶たない状況では大切です。


予想外だけど、恋愛を楽しめている人間は恋愛関係で困惑していない。
いや、逆に立ち止まらないから恋愛が何事もなく進んでいるというのが本質かな。


「誰とも付き合えないのは、私が難題を抱えているということ?」。
そんなに思いつめなくても良いですよ。
例えて言えば、出会いがない日々をサイクルとしている人や、
出会うのに利用するサイトの選り抜きを曲解している人が多いというだけの話です。


恋仲になる人が欲しいと夢想しつつも、
出会いがないなどと悲嘆しているのなら、
それはあなた自身がいつしか設けた好きなタイプとの出会い方が正しくないことが考えられます。


見境ないくらいたくさんの人にコンタクトをとれば、
近い未来に特別な人に出くわすでしょう。
ポイントを買ってサービスを利用するサイトではなく、
無料の出会い系サイトであればこそ、
そんなワンシーンを無料で愉しめるのです。

進化心理学の研究では

2015-01-26

そんな大げさに「出会いのイベント」を選出するように言いましたか?「これは振り向いてもらえないだろうな」と考えられるような状況でも、
ひょっとすると素敵な恋に進展するかもしれません。


勤め先の職員や、患者として行った歯医者などでぽつぽつと話した人、
これも正真正銘の出会いと言っても過言ではありません。
こういう日々の暮らしの中で、異性としての感情をすぐさま消そうとした経験はありませんか?

心理学によると、ヒトは知り合ってから2回目、もしくは3回目にその人との関連性が固まるという論理が含有されています。
たかだか3回のコンタクトで、相手方とは友だち止まりなのか恋愛の間柄になるのかが定かになるのです。


自分の愛している人物に恋愛相談を要求されるのはすっきりしない精神状態に入るかもしれないが、
ドキドキの実態がどうやったら手に入るのかさえ見えていれば、
実際のところ非常にナイスタイミングなのだ。


例え女子から男の知人へ恋愛相談を持ちかける際にも、
相手の男のサークル仲間と成り行き任せで交際し始めるケースが発生する可能性も計算しておくべきだということを失念しないようにしましょう。


出会いがないという人の大多数が、
ネガティブを貫いているように思えます。
そもそも論で言うと、自ら出会いの機会を見過ごしていることがほとんどなのです。

「テリトリーシェア」と名付けられた

2015-01-25

7才から22才までの間、男性のいない学校だった女の人からは、
「恋愛のことをシュミレーションしすぎて、
キャンパスライフをエンジョイしていた頃は、
さして親しくもないメンズをただちに彼氏のように感じていた…」などという経験談もGETできました。


数日後からは「こんな職業の男子/女子との出会いを中心にしていこう」「美女と食事や飲みに行きたい」と人にしゃべりまくりましょう。
あなたのことを案じる気の利く友人が、
まず美女との飲み会に連れて行ってくれるはずです。


男女の出会いは、どんな時に、どんなところで、どんなシーンで出てくるか明らかではありません。
これから己のランクアップときちんとした気合を携えて、
備えあれば憂いなし、を実践したいものですね。


心理学の調査結果によると、吊り橋効果というものは恋愛の出だしに効果のある戦略です。
好きな人に幾許かの心配事、悩みといったものが見て取れる場合に用いるのが最良の選択です。


男性から悩みや恋愛相談を始められたら、
それは本当に好きかどうかははっきりしないけど心を開いている証拠です。
好感度を高めてアピールするフックを追求しましょう。


よしんば、適度に行動にメリハリをつけてはいるが、
それでも素晴らしい出会いがない、
という惨憺たる結果が出ているのなら、
あなたが決断したその行動を振り返る必要があるとお考えください。


出会いがないという男女一般は、
受身的な考えを貫いているように思えます。
言わば、他の誰でもない自分から出会いのグッドタイミングを見流しているというのが大抵の場合です。

« Older Entries

Copyright© 2014 男は「恋愛」で9割変わる All Rights Reserved.